週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン・東京五輪の試合日程・速報はこちら

2021ドラフト中間報告 注目選手クローズアップ

渕上佳輝[トヨタ自動車]・森翔平[三菱重工West]・藤井健平[NTT西日本] 一発勝負を極める社会人

 

エースの系譜を継ぐ150キロ右腕 渕上佳輝[トヨタ自動車/投手]


今季、広島の守護神として活躍する偉大な先輩と同じく、大卒2年目でのプロ入りを狙っている。社会人日本選手権の初戦で好アピールに成功。負ければ終わりの一発勝負のトーナメントで「即戦力」を証明した。
取材・文=小中翔太 写真=牛島寿人

TDKとの社会人野球日本選手権1回戦で、8回無失点と好投し勝利投手。会場のほっと神戸で、NPBスカウトに成長した姿を見せた


抜群のテンポと制球力


 昨年まで2年間、投手陣の軸として活躍した栗林良吏(現広島)の後継者だ。安藤優也(元阪神)、金子弌大(現日本ハム)、吉見一起(元中日)、上野弘文(元広島)、服部泰卓(元ロッテ)、中澤雅人(元ヤクルト)、大谷智久(元ロッテ)、祖父江大輔(現中日)など、偉大な先輩が紡いできた“トヨタのエース”の系譜に大卒入社2年目の渕上佳輝が加わった。

 終盤になってもキレが落ちない、スマートな右のオーバースローである。TDKとの日本選手権1回戦の先発マウンドを任されると、8回を投げて5安打無失点。安定感抜群の投球でロッテの永野吉成育成・スカウト部長を「キレのある完成度の高いピッチャー。両コーナー投げ分けて、得意のチェンジアップで打ち取れているから、ベンチが安心できるピッチャーですね」と唸(うな)らせた。

 最終回は早大から入社16年目のベテラン・佐竹功年にマウンドを譲る形となったものの、与えた四球は1つだけで、108球と余力は十分だった。都市対抗を含む二大大会初登板で初勝利を挙げた24歳に対して、藤原航平監督はこう評価している。

「初戦の入りということで、立ち上がりの難しさの部分をしっかり守って、2回以降ははさすがでした。ストライク先行が良かった。リズムが抜群だと、野手も守りやすい。仮に取られても、最少失点で抑えてくれる。周りを信頼して、バタバタしない感じが出ている。打者に攻めの姿勢を見せているので、それに乗じて野手もしっかり守ってくれました」

 1対0で勝利。渕上がこの日投じた108球のうち、72球がストライクだった。テンポと制球の良い投球に野手も自然と足が動く。内野陣のカナメである中京大から入社2年目の遊撃手・和田佳大を筆頭に、強い打球であり、なおかつ難しいバウンドも軽やかに処理していた。

 奪三振は3。数字だけでは判断できない。その場面が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング