週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ 全国舞台で躍動した大学生

隅田知一郎(西日本工大・投手)“封印”を解いた150キロ左腕の完成度

 

3校が並んだ2度にわたる三つ巴のプレーオフを制して、6年ぶり5回目の大学選手権出場も、初の全国1勝はならなかった。0対1。1球に泣いたが、この失投を糧にしていく。
取材・文=前田泰子 写真=上野弘明

最速150キロ。ストレートの質に加え、変化球も精度も高く、ドラフト1位の有力候補になっている


 全日本大学野球選手権1回戦、西日本工大は上武大に0対1で初戦敗退を喫した。惜敗の中でも、隅田知一郎の投球は見応え十分だった。

 被安打4で1四球、変化球の制球力も抜群で、毎回の14奪三振で1失点完投。同大会で4強に進出する上武大打線を、翻弄する形となった。

「相手には自分のデータもないと思ったし、余裕を持って投げられました。真っすぐも変化球もイメージどおりに投げられた。あの1球以外は」

 あの1球。悔いが残った1球は2回裏の先頭、上武大の四番・ブライト健太にソロアーチを打たれた球だった。ブライトへは直球で攻めると決め込んでいた。「手足が長くてスケールが大きい打者なので、インコースは苦手だと思ったんです。それに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング