週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト注目選手クローズアップ 全国舞台で躍動した大学生

黒原拓未(関学大・投手)古豪復活へ導いた151キロサウスポー

 

神宮で伝統の「KWANSEI」の文字が躍った。28年ぶりの大学選手権出場で57年ぶりの初戦突破に貢献。第1回大会決勝の顔合わせとなった慶大との準々決勝で敗退も、全国舞台でインパクトを残している。
取材・文=沢井史 写真=前島進

関学大入学後では、自身初の全国大会となった大学選手権では1回戦[対松山大]で7回1失点の好投を見せ、57年ぶりの勝利に貢献した


 173cm76kgの体に詰まったポテンシャルを今春、存分に発揮した。3完封のうち、1勝1敗と勝ち点をかけた立命大と近大の3回戦で「1対0」の価値あるシャットアウト。計5勝を挙げて14季ぶり15度目の関西学生リーグ制覇の原動力となった。防御率0.88でMVP、最優秀投手、ベストナインと個人タイトルを総なめ。この春、自己最速を1キロ更新した151キロ左腕はドラフト上位候補として、一気に評価を高めている。

 リーグ戦の勢いそのまま、東京に乗り込んだ大学選手権では57年ぶりの初戦突破に貢献。しかし、34年ぶりの優勝を遂げることになる慶大との準々決勝で敗退(3対5)。先発した黒原は5回4失点と、本来の力を発揮することができなかった。

「自分の思い描いた投球ができませんでした。本番にベストに持ってこられなかったのは、実力不足です」。それでも、大学選手権で見せた「古豪復活」の功績は、色褪(あ)せない。

 2年秋にはリーグ戦最下位を経験している。1年春からマウンドに立ち、同秋には150キロの大台を突破したが、厳しいチーム状況が続いた。昨秋までの3年間を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング