週刊ベースボールONLINE

12球団前半戦通信簿

ヤクルト・離脱者の穴も何のその!日替わりヒーローが連日躍動/12球団前半戦通信簿

 

新型コロナ禍が続く中、7月14日をもって前半戦が終了。終わってみれば、セ・パともに上位は混戦だ。外国人選手の合流遅れや、2年ぶりの交流戦もあった約3カ月半の戦いぶりを、各チーム振り返っていこう!

チームの雰囲気は明るい。劣勢でも最後まであきらめず食らいつく


【前半戦順位】セ・リーグ 3位


83試合 42勝 32敗 9分 勝率.568
366得点[1]、335失点[4]、防御率3.81[4]、打率.255[3]、87本塁打[2]、51盗塁[2]、44失策[4]
※成績部分の[]内はリーグ順位

激化するチーム内競争


 2年連続最下位から、3位で前半戦を折り返した。チームの雰囲気は明るく、たとえ離脱者が出ても、その穴を埋められる存在がすぐに台頭してきた。

 開幕直後に坂口智隆が負傷で、青木宣親が新型コロナの影響で登録を抹消されると、山崎晃大朗が一番打者として粘り強さを発揮した。山崎の調子が落ちると今度は塩見泰隆が持ち前の長打力と脚力でレギュラーを奪取。熾し 烈れつなポジション争いが、チームを活性化させている。

 遊撃も開幕当初は西浦直亨が座っていたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング