週刊ベースボールONLINE

12球団前半戦通信簿

ロッテ・得点力アップに成功も投手陣のやりくりで苦闘/12球団前半戦通信簿

 

新型コロナ禍が続く中、7月14日をもって前半戦が終了。終わってみれば、セ・パともに上位は混戦だ。外国人選手の合流遅れや、2年ぶりの交流戦もあった約3カ月半の戦いぶりを、各チーム振り返っていこう!

主将・中村奨が打率3割超と結果を出したことで助っ人砲がより生きた


【前半戦順位】パ・リーグ 3位


83試合37勝34敗12分 勝率.521
384得点[1]、352失点[5]、防御率3.98[5]、打率.250[2]、81本塁打[2]、74盗塁[1]、40失策[4]
※成績部分の[]内はリーグ順位

戦力調整に余念なし


 四番に22歳・安田尚憲、五番に21歳・山口航輝を置いて開幕を迎え、若い力の台頭を期待した。だが機能せず、救援投手も打ち込まれて開幕5連敗。井口資仁監督は早速、打線を組み換え、3戦目から二番・マーティンの攻撃型オーダーを組むと、昨季12球団最下位だった打線から一転して打ちに打った。一番・荻野貴司の俊足巧打は健在で、昨季は腰痛で離脱したレアードも18本塁打と、21本塁打のマーティンとの助っ人コンビは破壊力抜群。走者を出せば機動力を使って相手を揺さぶり、足を警戒すれば一発も。多彩な攻撃を展開する活発な打線が、試合終盤からでも劣勢を跳ね返してみせた。

 すると4月下旬に早くも借金を完済。上昇ムードが高まった。が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング