週刊ベースボールONLINE

12球団前半戦通信簿

ソフトバンク・離脱者続出でやりくりに苦戦 攻撃陣がなかなか機能せず/12球団前半戦通信簿

 

新型コロナ禍が続く中、7月14日をもって前半戦が終了。終わってみれば、セ・パともに上位は混戦だ。外国人選手の合流遅れや、2年ぶりの交流戦もあった約3カ月半の戦いぶりを、各チーム振り返っていこう!

柳田自身も好不調の波はあったが、22本塁打はリーグトップ


【前半戦順位】パ・リーグ 4位


88試合37勝37敗14分 勝率.500
353得点[3]、301失点[1]、防御率3.29[1]、打率.249[3]、78本塁打[3]、53盗塁[3]、31失策[1]
※成績部分の[]内はリーグ順位

重要人物を欠く中で


 毎年のことである意味ケガ人には慣れているものの、今季は違った。開幕直後にエース・千賀滉大が左足首のじん帯損傷、主軸のY.グラシアルも右手を骨折。さらに、守護神・森唯斗も左ヒジを手術。各ポジションで重要な役割を担っている“柱”がそろって負傷離脱すれば、L.モイネロはキューバ代表で東京五輪予選へ。こんな状態で迎えた交流戦で5勝9敗4分けとまさかの負け越しを喫すると、歯車は最後まで狂いっぱなしだった。

 それでも投手陣は踏ん張りを見せた。千賀以外にも東浜巨の出遅れや、開幕先発ローテ入りした高橋礼らが奮わない中・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング