週刊ベースボールONLINE

12球団前半戦通信簿

楽天・厚みある救援陣の踏ん張りと和製打線で上位争いを展開/12球団前半戦通信簿

 

新型コロナ禍が続く中、7月14日をもって前半戦が終了。終わってみれば、セ・パともに上位は混戦だ。外国人選手の合流遅れや、2年ぶりの交流戦もあった約3カ月半の戦いぶりを、各チーム振り返っていこう!

抜群の勝負強さを発揮し、四番に座ることも多かった島内


【前半戦順位】パ・リーグ 2位


88試合 41勝 36敗 11分 勝率.532
339得点[4]、328失点[4]、防御率3.58[3]、打率.244[5]、71本塁打[4]、29盗塁[5]、38失策[3]
※成績部分の[]内はリーグ順位

新助っ人が誤算も


 首位・オリックスに1.5ゲーム差の2位。指揮官就任1年目の石井一久GM兼任監督は、前半戦を振り返ってこう言う。「点が取れないときも、線になって打者がアプローチしてくれている」。

 新外国人のディクソンカスティーヨの来日が遅れ、早くも新打線の構想が狂った。一軍合流後も本領を発揮しているとは言い難く、和製打線で試合に臨むことがほとんどだ。そんな向かい風の中でも、バイプレーヤーたちが力を発揮した。昨季までは四番・浅村栄斗への依存度が高く、この主砲が打てなければ勝利に届かない状況が続いたが、今季は違う。

 開幕時は三番、そして現在は四番にも座る島内宏明が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング