週刊ベースボールONLINE

刻む金メダルの記憶

東京五輪で奮闘したNPB所属の助っ人たち

 

NPB所属の5人の外国人選手が、各国代表として東京五輪に出場した。なじみ深い日本の地で、どのようなプレーを見せたのか。彼らの姿を追った。

ニック・マルティネス[ソフトバンク/投手]
2試合、1勝1敗、11回、16奪三振、防御率1.64[写真=WBSC]


五輪で芽生えた1勝に懸ける思い


 2018年から3シーズン、日本ハムに所属し、今季からソフトバンクに加わったニック・マルティネス(ソフトバンク)。東京五輪ではグループステージ2戦目の韓国戦に先発して5回1失点で勝利投手となる。2度目の先発となった日本との決勝では、村上宗隆(ヤクルト)に手痛い一発を許して敗戦投手となるも、6回5安打1失点と日本打線を苦しめた。「決勝で、金メダルを懸けた試合だったので、興奮もしたし緊張もした。でも、その中で冷静な自分もいて。いいピッチングができたと思う」と胸を張った。

 ソフトバンクでは前半戦でチームの勝ち頭となる7勝2敗、防御率2.03と申し分のない成績を残した。「緊張感の中で国を代表して戦えたことや、ホークスのチームメートと対戦できたのは本当に素晴らしい経験。1勝に懸ける思いをホークスにつないでいきたいし、全力で臨めるように準備していく」と意気込む。

タイラー・オースティン[DeNA/外野手]
6試合、10安打、2本塁打、7打点、打率.417[写真=WBSC]


 DeNA所属1年目の昨季に20本塁打、今季は前半戦だけで19本塁打を放っているタイラー・オースティンは、代表選出の際に「高校時代からアメリカ代表に入ることを夢に描いていた」と喜びを語っていた。加えて戦う場所は本境地・横浜スタジアムで、モチベーション高く試合に臨むことができたはずだ。

 打線では指名打者、打順は二、三番と上位を任され、グループステージ2戦目のイスラエル戦では早くも一発が飛び出した。さらにドミニカ共和国との敗者復活戦でもリードを広げる本塁打をマーク。日本との決勝では8回先頭で岩崎優(阪神)から右前安打を放って意地を見せた。大会通算で打率.417、2本塁打、7打点と大暴れを見せ、指名打者として大会ベストナインに選出された。

 惜しくも金メダルは逃したものの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング