週刊ベースボールONLINE

日本代表の熱き戦いを語らう

【SPECIAL TALK】中畑清(野球解説者/アテネ五輪日本代表監督代行)「お見事、日本代表!私の無念も晴らしてくれました」

 

悲願の金メダルを獲得した日本代表。ここでは、「金」を目指しながらアテネ五輪で悔しい思いをした中畑清氏に、今回の日本代表の戦いについて話を聞いた。
取材・構成=椎屋博幸 写真=BBM

正式種目になってから初となる悲願の金メダル獲得。アテネ五輪で悔しい思いをした中畑氏の無念も晴らした


初戦のサヨナラ勝ちでチームに勢いが出た


 日本代表、金メダルおめでとう!

 もう体中に力が入りっぱなしの決勝戦の試合展開でしたね。私は、初戦から現地で見ていましたから、余計に力が入りましたよ。

 今大会は、わが故郷の福島(あづま球場)から始まった日本代表の戦い。ドミニカ共和国との試合は、序盤から相手の雰囲気がすごく良く、先に流れをつかまれていました。一方で、日本はその雰囲気に押されていると感じていました。

 でも9回裏にサヨナラ安打で勝った(4対3)。特に一死後、柳田(柳田悠岐=ソフトバンク)の一塁ゴロをドミニカ共和国の投手(J.アセンシオ)が一塁ベースカバーを忘れて、セーフに。本当であれば二死となり、日本の敗北の可能性は非常に高くなったはず。しかし、ここから打線がつながり、サヨナラになるとは思ってもみなかった。それが一死から一挙に3点を奪い逆転勝ちですよ。

 本当に奇跡に近い勝ち方だったでしょ? しかもみんなのつながりが生んだ逆転劇。あれが間違いなくジャパンにいい流れ、いい方向に変えてくれたと思いますね。しかも、私の故郷の福島で、感動的な試合をしてくれたことに感謝ですよ。

 それと(ノックアウトステージでの)アメリカ戦(横浜)。3ランを打たれたあと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング