週刊ベースボールONLINE

【検証】「ラスト50」を読み解け!

DATAでCHECK 01 対戦相手から読み解け! セのカギはTS戦にあり?

 

対戦成績を見ていくと、意外なカモと苦手が見えてくる。ホーム、ビジター、球場別成績も加味し検証しよう。
※成績はすべて8月27日現在

8月20日には西武相手にサヨナラ勝ち。オリックスが加速してきた[写真=佐藤真一]


ロードに強かった阪神


 ここでは相性をテーマに置いてみたい。かつて「横浜大洋銀行」という言葉があった。大洋(現DeNA)低迷期の話だが、苦しいときでも大洋戦でしっかり貯金ができるという揶揄(やゆ)である。よく例に挙がるのが1981年だ(土井淳監督)。42勝80敗8分けで最下位となったシーズンだが、優勝の巨人に対し、4勝20敗2分け。この年、貯金25で2位の広島に6ゲーム差で独走した巨人だが、大洋戦だけで16の貯金とあって、はっきり言えば大洋次第で順位が変わってくるシーズンでもあった。

 では、20年のセを見てみよう。巨人が独走で優勝を飾ったシーズンだが、巨人がカモにしたのは阪神ヤクルトだった。最下位のヤクルトはセの全球団に負け越しだから仕方ないが、阪神は2位ながら対巨人に8勝16敗。完全に“戦犯”ではある。

 今季首位の阪神に関して目立つのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング