週刊ベースボールONLINE

猛虎炸裂 新ダイナマイト打線で突き進め

サンズ(外野手)&マルテ(内野手) 助っ人パワーで歓喜を呼べ

 

チームのために、勝利のために――2人の助っ人はチームメートと同じ気持ちで毎日戦い続けている。同じクリーンアップでもつなぎ役と試合を決める役割を担う。この2人の存在が、新ダイナマイト打線に深みを与えている。
写真=BBM

勝負強い打撃はもちろんのこと、一つひとつのプレーに対し一切手を抜かない全力プレーで矢野野球をグラウンドで具現化する


【2021成績】89試合84安19本55点1盗、打率.273
(8月19日現在)

矢野野球の具現者


 矢野野球を先頭に立って表現したかと思えば、若手選手のよき兄貴分である。必要とあれば、阪神のことを“外部”へ伝える「特使」にだってなる。サンズは単なる主軸、助っ人の域を超えた存在だ。

 3月26日のヤクルトとの開幕戦(神宮)から8回の決勝ソロを含む2本塁打など3安打。五番・左翼で暴れて、序盤戦のチームの快進撃を支えた。調子を落とした時期もあったが、大山悠輔が不振の時期には四番にも座り、打率.273、19本塁打、55打点と確かな数字を残す。そして、何より目を引くのは、絶対に手を抜かないハッスルプレーだ。

「とにかく捕りたかった。飛ばなくてはいけないところに来た。とにかく必死で、グラブに収まってよかった」

 7月7日のヤクルト戦(神宮)。同点の6回二死一、二塁で、左翼線際に上がった飛球に、サンズは巨体を投げ出して飛びつくスーパープレーを見せた。抜けていれば2者が生還していたところが、一転3アウト。投げていた藤浪晋太郎が「サンズ様様ですし、大いに感謝したい」と頭を下げれば、矢野(矢野燿大)監督も「すごかったね。あれもホント2打点ぐらいの価値が十分にあった」と称えた。

 走塁でも、矢野野球が全選手に求める「全力疾走」と「先の塁への意識」を、サンズも常に見せ続ける。4月1日の広島戦(マツダ広島)では、こんなこともあった。4対0の4回先頭で四球を選び出塁すると、続く佐藤輝明のマウンド付近へ上がった三飛の直後に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング