週刊ベースボールONLINE

猛虎炸裂 新ダイナマイト打線で突き進め

矢野監督が目指す「超積極的野球」の神髄 猛打だけではない「足攻め」でプレッシャーを掛ける打線

 

ここまでは猛打の阪神打線を見てきたが、矢野燿大監督が就任以来目指してきた攻撃の型がある。それが「超積極的野球」。打者はどんなときもすべての場面で1つでも次の塁を狙い、盗塁も3年連続でリーグトップだ(80個)。いつでも、どこからでも足で相手にプレッシャーを掛け続ける阪神打線の神髄とは――。
写真=BBM ※成績は8月19日現在

3年連続盗塁王を狙う近本。相手バッテリーにいろいろと考えさせるような盗塁を仕掛けてくる


試合の流れをつかむ盗塁


 ペナントレース再開となった8月13日の広島戦(京セラドーム)は惜しくも敗戦スタート。翌14日の第2戦は2位・巨人に1ゲーム差に詰め寄られ絶対負けられない試合だった。三番・サンズが2本塁打、四番・大山悠輔も同じく2発が出て9対3と快勝。しかし、足攻めによる最後の9点目があったからこそ、確実に1勝をモノにしたとも言える。

 四番・大山の豪快なバックスクリーン弾で8対3とほぼ勝利が見えてきた7回裏。その後、簡単に二死となり迎えた七番・中野拓夢がしぶとく右前打を放ち出塁。八番・梅野隆太郎の打席で2ボール1ストライクからリーグトップタイとなる17個目の盗塁を決めた。そして次球を梅野がライト線へ適時打を放ち9対3。これで試合は決まった。二死からヒットと盗塁でチャンスを作り1点を奪う。まさに今季の阪神打線を象徴する攻撃だった。

「(盗塁や走塁は)勢いっていう部分では付くし、数字に表れない部分で相手にプレッシャーも掛かっている。走塁って、見た目にもムードが上がる」とは矢野耀大監督。就任以来「超積極的野球」で、攻めの走塁なら失敗しても責めない姿勢を貫き2年連続リーグ最多盗塁を記録している。もちろん今季もチーム80盗塁でリーグトップに立つ。

 広島3連戦の勝ち越しを狙った15日。3回まで2点リードしながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング