週刊ベースボールONLINE

【検証】「ラスト50」を読み解け!

パ・リーグの焦点 里崎智也(野球解説者) どこも決め手なし!いかにベターな布陣を模索するか/プロフェッショナルの視点

 

“混パ”は例年以上に熱を帯びている。オリックスがリードする覇権争いは4.5ゲーム差以内に4チームがひしめいている。ここから抜け出すためのポイントとは?ロッテOBで、野球解説者の里崎智也氏に聞いた。

先発陣の充実とは対照的に、ブルペン陣に不安が残るオリックス。クローザーの平野[左から2人目]までどうつなぐか


先発&打線好調で首位に立つオリックス


 約1カ月ぶりにペナントレースが再開されて3カードを消化しましたが、パ・リーグの勢力図は前半戦と大きく変わらない印象ですね。ただ、大きなトピックを挙げるとすれば、3位ロッテのマーティン不在です。東京五輪の中断期間にアメリカに一時帰国して、8月10日に再来日。新型コロナウイルスの隔離期間があり、二軍戦出場を経て最短で27日復帰とも言われていますが、そうなれば11試合は不在ということになります。前半戦での21本塁打、58打点はいずれもリーグ2位でしたから、打線への影響は避けられません。これまでは中軸を打つマーティンとレアードの一発が大きな武器でした。レアードの打順を上げることで、必然的に下位打線の厚みがなくなってしまいますから。3カードを終えて4勝4敗1分と五分で乗り切りましたが、ここが踏ん張りどころでしょう。

 また、優勝争いという部分では、日本ハムは厳しいと言えます。それこそ10連勝くらいしないと、浮上の目はありません。このチームは2016年、首位・ソフトバンクに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング