週刊ベースボールONLINE

打線に勢いをつける虎戦士 スペシャルインタビュー

阪神・佐藤輝明(外野手)インタビュー Vへ、新風が吹く「いい打ち方になれば、なるほど、バットを軽く振っているように見える」

 

4月4日に首位に立ってから約5カ月。投打がうまくかみ合い貯金「16」と、着実に勝ちを重ねている阪神。今季は例年以上に「つなぎ」の猛虎打線が出来上がった。今週号はその猛虎打線に焦点を当てる。最初は、球界にも新風を巻き起こし、猛虎打線に勢いを与えている黄金ルーキー・佐藤輝明のインタビューから始めよう。
取材・構成=椎屋博幸 写真=BBM (成績は8月23日現在)

打席に入るときから、構えまで新人とは思えない大物感の雰囲気を醸し出す佐藤輝


【2021成績】93試合95安打23本塁打59打点5盗塁、打率.274
(8月23日現在)

まだ打てたんじゃないか


 鋭いスイングで当たればどこまでも飛んでいく。強烈な打球音を発する黄金ルーキー。開幕スタメンをつかみ、首位阪神をけん引している。ただ、すさまじい本塁打を放ったかと思うと、新人記録となる131個の三振を喫するなど、新人として克服しなければいけない課題があるのも事実。プロとして初めて経験する毎日続いていく試合。その中で、いかにして自分の能力を引き出そうとしているのか──。

──後半戦がスタートしました。前半戦の疲れは残っていませんか。

佐藤輝明(以下佐藤輝) オールスター前の時期あたりは、何か「疲れているなあ」という感じがあったのは事実ですが、今はもう大丈夫です。

──春季キャンプのときは「早く試合がしたい」と言っていましたが、実際に、シーズンに入り試合が続きました。日々同じような気持ちで臨めていますか。

佐藤輝 疲れを感じているな、と思ったときでも、実際に試合が始まってしまえば「体が重い」ということは言っていられないので……。ただ、そういう「重い」という意識もそこまで感じることなくプレーはしていました。

──「重いなあ」と感じたときは、朝起きたあとなどですか。

佐藤輝 どちらかと言うと、試合前の練習のときなどに感じることが多かったですね。その練習が終わって、さあ、これから試合だ、というときには重さはもう感じていませんでした。

──それは自分で何か対処法を考えながらやっているからでしょうか。

佐藤輝 練習の内容を少しずつ変えながらやってみたり、いろいろな方法を自分で探りながらやってきました。そして、毎日練習から試合へという流れの中で、自分で何かしら習慣を作っていきながら、試合に入っていっています。気持ちの面では、やはり試合になると、スイッチが勝手に入るので、そこは今までどおりでやっています。

──体が重いと感じたときは、トレーナーなどに相談しながらメニューを組んでもらったりしたのでしょうか。

佐藤輝 もちろん、そういう場合もありますが、どちらかと言うと、自分でいろいろ考えながら、調整していったことのほうが多いです。

──自分でそういう対処法が分かっているのはスゴイですね。

佐藤輝 そこまで自分のことを分かっているというわけではないのですが……初めてプロ野球という長いシーズンを過ごし、毎日やっていく中で、自分でもっとこうしたほうがいいかな、こうすると疲れが取れるかな、と思うことを試したりしている感じです。

──その中で、現在は23本塁打ですが、前半戦だけで20本塁打。チーム最多を記録しました。この数字に関して、満足していますか。

佐藤輝 20本塁打に関しては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング