週刊ベースボールONLINE

至高のグラブ

大谷翔平[エンゼルス/投手・外野手] 歴史を刻むこだわりのグラブ

 

メジャーで生き残るためには、グラブ選びも妥協はできない。機能はもちろんのこと、異国で自己主張するためのアイテムでもある。2021年、MLBで奮投する日本人3投手のグラブを紹介しよう。
【ダルビッシュ有/前田健太 の紹介はこちらから】

取材・文=滝川和臣 写真=椛本結城、Getty Images

金箔をほどこしたようなアンチック加工が目を引く。ウェブのロゴマークは、フェニックスがモチーフ


「和」をイメージ


 メジャーのホームラン争いで両リーグトップを走るMLBエンゼルスの大谷翔平。今季はバットのみならず、投手としての活躍も見逃せない。8月19日には今季8勝目を挙げ、投手でも調子を上げてきた。当然、彼の最新グラブにも注目が集まる。今季は昨年のブラックだったグラブから、カラーとデザインを一新した。アシックスが制作する最新モデルを間近で見ると、まるで工芸品のような芸の細かさに驚かされる。同社でグラブ・バッティング用手袋企画担当の澤野善尋さんは語る。

「和のテイストをイメージしています。捕球面を除いた甲側の金箔(きんぱく)が散りばめているような処理は、『アンチック加工』と呼ばれ、特殊なコーティングをほどこしています」

捕球面には自身の投打をイメージした「二刀流」ロゴが入る。グラブだけではなく、ほかのアイテムにも使われている


 グラブ自体の皮革は“えんじ”とブラックの2色。ウェブの両面、バックサイドには型押しで柄が入れられる。開幕前にグラブを初めて見た大谷からも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング