週刊ベースボールONLINE

至高のグラブ

ポジション別巧者のグラブ5 遊撃手・小深田大翔 目移りしても戻ってきてしまう安心感がある入団時からの相棒

 

野球の9つのポジションには特徴があり、グラブに求められる要求もそれぞれ異なる。現在、プロ野球の一線で活躍する選手たちはどんなグラブでプレーしているのか。巧者のグラブをここに紹介しよう。
取材・構成=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎、BBM

入団以来2年間試合用として使用している安心感、信頼感があるグラブ


Manufacturer ZETT

 試合用として使っているこのグラブは入団前に新調し、新人合同自主トレから育て、その年から試合用として使っています。最初から結構しっくりきた感じがあって、早く出来上がってくれましたね。試合で使うものは(グラブの)中でボールが遊ばないことが大事。そして軽く握っても捕球ができるようなグラブが理想なので、このグラブはしっかり捕れる、という安心感があります。

ポケットは浅めで、大きく分けて2カ所にポケットがある。ゴロを捕るときは薬指の下あたり、キャッチャーからの送球は人差し指の下あたりで捕る意識を持っている


 僕がグラブに一番求めるのはサイズ感。扱いやすい感じがするので、小さめにしてもらっています。ただ、僕は手が小さいということもあり、ほかの人と比べても小さめかなと思います。近大4年のころからゼットのグラブを使っているのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング