週刊ベースボールONLINE

至高のグラブ

ポジション別巧者のグラブ7 外野手・近本光司 外側は鮮やかなネイビーカラー 小さく機能性あふれる自信作

 

野球の9つのポジションには特徴があり、グラブに求められる要求もそれぞれ異なる。現在、プロ野球の一線で活躍する選手たちはどんなグラブでプレーしているのか。巧者のグラブをここに紹介しよう。
取材・構成=椎屋博幸 写真=早浪章弘、BBM

外野手用としては小さめで、鮮やかなネイビーと淵が金色のグラブ。使用2年目で「かなり完成度が高い」と近本


Manufacturer ASICS

 現在のグラブは、昨年アシックスさんにお願いして作ってもらい2年目に入りました。そのときお願いしたのは、小さめに作ってほしい、ということでした。僕の中で、このグラブの最大の特徴は、小ささにあります。内野手の三塁用ぐらいの大きさだと思います。悠輔(大山悠輔)のグラブと比べて見ましたが、僕のほうが少し大きいくらい。重さは、400グラム〜440グラムくらいにしてほしいとお願いしましたので、正式には分かりませんが、実際にそれくらいかと。

 なぜ小さいほうがいいのかというと、動きながら捕球に行くときに操作性が上がるからです。走る態勢へ入り、走り出して打球を追いかけるとき、スッとグラブがワキあたりに収まる感覚になれ、そのあとの体の動きがストレスなくスムーズになるからです。このグラブは2つオーダーしたのですが、1つは指を入れたときに少し小さく感じました。もう一つは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング