週刊ベースボールONLINE

至高のグラブ

ポジション別巧者のグラブ8 外野手・淺間大基 チームメートから譲り受け自分好みに仕上げたオンリーワン

 

野球の9つのポジションには特徴があり、グラブに求められる要求もそれぞれ異なる。現在、プロ野球の一線で活躍する選手たちはどんなグラブでプレーしているのか。巧者のグラブをここに紹介しよう。
取材・構成=滝川和臣 写真=桜井ひとし、BBM

グリーン+イエローが映えるカラーリング。ネット型のウェブを採用する


Manufacturer MIZUNO

 このミズノのグラブは、チームメートの近藤(近藤健介)さんに譲ってもらったものなんです。近藤さんのロッカーに置いてあって使ってなさそうだったので、「もらってもいいですか?」とお願いしました。だからマークなどもそのままです。グラブは、機能性はもちろんですが、見た目も大事だと僕は思います。このグラブは、まずカラーが目を引いた。グリーンにヘリ革のイエローがアクセントになってカッコいいなと。あまり使用感もなくて、昨年から試合で使うようになり、今はメーンで使っています。

「K8」と近藤のイニシャルと背番号が入ったマークはそのまま使っている


 何より手にはめたときの形がよく、しっくりきました。僕は箱のようなポケットの型が好きなんです。正面から見たときに箱のような四角になるイメージで、しっかり広がり、どの角度からもボールが入ってくれるようなポケットです。その部分はずっと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング