週刊ベースボールONLINE

どこまでも高く飛べ 躍進のスワローズ

2015年優勝監督・真中満(野球解説者)の目 ヤクルト打線に死角なし!?低調気配も無問題

 

リーグトップの1試合平均4.3得点をたたき出す強力打線だが、後半戦に入り、調子は下降線をたどっている。9月4日の広島戦(東京ドーム)では、打線を大幅に入れ替えて活性化を図った。優勝を目指していく上では大きな不安材料ではあるが、2015年優勝時の監督で現野球解説者の真中満氏は、「心配ない」と言う。
取材・文=依田真衣子 写真=桜井ひとし、BBM ※記録は9月5日現在

代打の切り札的存在の川端。ここぞの場面で勝負強さを見せる


威力は優勝時以上


 確かに今は打線が沈んでいますが、シーズンの中で、そういった時期は必ずあります。それはどこのチームも同じ。ただ、ヤクルトの打線は全員タイプが違いますから、対戦相手がエースをぶつけてきても、全員が完璧に抑えられることはほとんどありません。全体的な調子は悪くても、誰かがカバーできる打線だと思います。そんなに悲観することはないでしょう。私が監督をしていた2015年も優勝はしましたが、9連敗したこともありましたから。今季は大きな連敗もありませんし、こういう状況でも、誰かが打開してくれそうな雰囲気がある。これはヤクルトの強みですし、理想的な打線ですよね。

 主軸を担う山田哲人村上宗隆も実績はありますし、オスナサンタナの両外国人も安定感があります。青木宣親こそ状態は良くありませんが、彼の経験値は勝負どころで頼りになると思います。

 代打も、川端慎吾がいて、坂口智隆がいて、内川聖一と経験のある打者ばかり。レギュラーは固定されていますが、こうしたベテランが控えていることで、高津臣吾監督も試合終盤にはいろいろな動きができますよね。

 優勝した15年は、打線で固定できていたのは二番・川端、三番・山田、四番・畠山(畠山和洋、現コーチ)、五番・雄平くらい。そう考えると、現在の打線自体は15年当時より充実していると思います。当時は、打撃のタイトルをヤクルト勢で総ナメにしましたが、上位打線に偏った攻撃をするしかありませんでした。けれど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング