週刊ベースボールONLINE

どこまでも高く飛べ 躍進のスワローズ

石川雅規の覚悟――あの歓喜をもう一度! 2015年Vを知る男の想い

 

優勝の喜びを知っているからこそ、もう一度味わいたい。そしてそれ以上に、まだ見ぬ日本一を見てみたい。20年間、スワローズのユニフォームを着ているから誰よりもチームへの愛情は深い。石川雅規の信念と覚悟は、誰にも曲げられない。

投打がかみ合って優勝を果たした2015年。石川雅規や小川泰弘の姿も見える


慢心なき41歳


 何年経(た)っても、マウンド上での姿は変わらない。石川雅規は、プロ20年目を迎えた。2002年に自由枠で入団してからヤクルト一筋。酸いも甘いも知るベテランは、6年ぶりのリーグ制覇と悲願の日本一という高い頂を目指している。

 今季はオープン戦で結果が出ず、開幕はまさかの二軍スタート。4月16日の阪神戦(甲子園)で今季初登板を迎えたが翌17日に出場選手登録を外れると、その後はなかなか一軍での登板機会はなかった。イースタン・リーグでは7試合で1勝1敗、防御率0.32。好結果を出し続け、声が掛かるのを待っていた。

 モチベーションを保つことは決して容易ではなかった。だが、家族の励ましもありながら「前向きに」と自身を鼓舞。そして、6月4日の西武戦(神宮)で5回3安打1失点と好投し、大卒選手としては史上最長となる20年連続勝利を達成した。「ユニフォームを着て野球ができているという幸せは年々感じますし、目の前の試合に必死に取り組んできた結果が20年目。振り返るのはまだ早いとは思いますけど、毎日できることを必死にやるのが大事だと思います」。また新たに歴史に名を刻んだ瞬間だった。

 チームを、球界を代表する投手となっても、フレッシュな気持ちを忘れない。「ユニフォームを着ている以上は目の前の1勝、一軍で戦力になることが大事。まだまだやれるという気持ちはありますけど、やりたいからやれるような世界ではない。しっかりと結果を出さないといけない」。実績を積み重ねても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング