週刊ベースボールONLINE

強力打線の軸となる男 スペシャルインタビュー

四番・村上宗隆(内野手/4年目)インタビュー フォア・ザ・チームの精神「勝ちたい気持ちは常に持っている」

 

得点時には、ベンチで両手を突き上げてガッツポーズ。サヨナラのチャンスとあれば、身を乗り出して声を出す。ヤクルトの若き四番は「チームのために」とバットを振るだけでなく、盛り上げ役も買って出る。主砲を突き動かすのは、「このチームで優勝したい」という思いだ。
取材・構成=依田真衣子 写真=桜井ひとし、井田新輔、JMPA

決して調子は良くないと口にするが、四番としての役割を全うしている


打撃以外でもチームに貢献できる


 昨季の開幕戦から、一度も四番の座を譲ったことはない。不動の主砲が意識するのは、チームに貢献することだけだ。本塁打、打点ともにリーグ2位の数字を残すが、決して本調子というわけではない。だからこそ、打撃以外でもチームに貢献しようと必死だ。ベンチの中では、誰よりも大きな声でチームを鼓舞する。

──優勝争いに加わる現在、チームの雰囲気はいかがですか。

村上 すごく良い雰囲気で野球ができていると思います。

──今季、開幕3連戦(対阪神、神宮)を3連敗でスタートしました。出ばなをくじかれましたが粘り強く戦ってきた結果が、現在につながっていますね。

村上 確かに開幕カードは3連敗してしまったんですけど、開幕したときから、僕たちは優勝することだけを考えてプレーしてきましたから。あの連敗は開幕で、気持ちが空回っていたというか。入りの難しさがあったからなのかなと思います。

──その春先は、村上選手もなかなか安打が出ずに苦しんでいました。

村上 ヒットは出なくても、チームに貢献する方法はあります。僕自身、勝ちたい気持ちは常に持っているので。そういう面でも、自分の結果にかかわらずベンチでは先頭に立って声を出して、チームを引っ張っていけたらなと思っています。

──とはいえ、連続無安打は5試合が最長と、昨季から不調と呼べる不調がありません。調子の波は感じていますか。

村上 感じますよ。今年に関しては、調子が良いと思えている時期はあまりないですね。ただ、今は優勝を争っている状況なので、残りの試合は四番の僕がしっかり状態を上げていかないと。

──そう言いますが、本塁打数、打点はリーグ2位です。しっかりチームに貢献できています。

村上 それは何て言うか……。そのときに合わせたバッティングフォームだったり、相手ピッチャーの研究だったり、試行錯誤しながらやって、何とか数字につなげている感じなので。納得はしていないです。

──調子が良いから数字につながっているわけではない、と。

村上 いやあ。ちゃんと調子を出せていたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング