週刊ベースボールONLINE

超高校級!! 注目選手クローズアップ

前川右京(智弁学園高/外野手) 先輩を彷彿させるパワーヒッター「自分のスイングで打つことを理想としていきたい」

 

横浜高との2回戦でバックスクリーン左へ豪快な本塁打。3回戦でも2試合連続弾を放ち、準優勝の今夏は打率.455(22打数10安打)、7打点とけん引した[写真=牛島寿人]


最後の夏に本領発揮


 待望の甲子園初本塁打は、1年夏から数えて通算32打席目だった。横浜高(神奈川)との2回戦でバックスクリーン左へ飛び込む特大弾。感情を表に出さない強打者が、一塁を回るとガッツポーズを見せた。

「真っすぐに狙いを張って、ヘッドを走らせて、打つことができました。やっと(甲子園で)打てました」

 本塁打前の打席では、センターフェンス直撃の打球(記録は単打)だった。いずれもライナー性の鋭い当たりで、ようやく本領を発揮。日本航空高(山梨)との3回戦でも、右翼スタンドへ豪快な一発をたたき込んだ。試合を重ねるごとに存在感が増し、左打席に立つたびにワクワクさせた。今夏はコロナ禍により、学校関係者のみの入場。かつての超満員の甲子園であれば、前川の一発が大観衆を虜(とりこ)にしたのは間違いない。

 2019年夏。甲子園デビューとなった八戸学院光星高(青森)との2回戦でチームは初戦敗退も、1年生四番は2安打を放ち、強烈なインパクトを残した。この夏は2歳上の兄・夏輝さんが津田学園高の四番打者(三塁手)として出場していたこともあり「兄弟主砲」として、話題を集めた。

 2年春のセンバツ出場を決めていたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング