週刊ベースボールONLINE

逆襲のオリックス 叶うべき夢の先へ

<SIDE STORY>どん底を知るベテラン だから前を向く

 

2014年のV逸の悔しさを知る者は数えるほど。主力が相次いで流出する中、生え抜きとして奮闘する2人のベテラン。ともにFA権を行使することなく残留したのは胸に秘める1つの強い思いからだ。試合に敗れ、低迷期を味わっても立ち上がり、前を向き続けた33歳コンビの存在が若手が芽を出すチームの土壌にある。
取材・文=鶴田成秀 写真=BBM
※成績は9月16日時点



自分が一番やりたいこと


 さかのぼること5年前の2016年。敵地・仙台での楽天とのシーズン最終戦は2回に同点に追いつくも勝ち越され、一方的な展開で1対8と完敗。この試合の勝敗は問わずチームの最下位は確定していたが、試合後、ベンチに一人残るT-岡田は苛立ちを隠せずにいた。

「やっぱり負けるって悔しいですよ。最下位が決まっていても、足を運んでくれるファンがいる。そんな方たちのためにも勝ちたかったんです。最下位が決まっていたからこそ、最後くらい勝ちたかったんです」

 低迷するチーム。同年のシーズン10試合を切ったころ、T-岡田は自ら当時の福良淳一監督(現GM)の元へ行った。訴えたのは雰囲気を変えること。

「『今日も負けか』みたいな淡々とした雰囲気があった。このままなら来年も変わらない」

 チームを変えたい。何より勝ちたい。そんな思いを胸に選手会長に就任。主将制度がなかったチームのリーダーを託され・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング