週刊ベースボールONLINE

最後に笑うのは誰だ!? 優勝&CS争いの行方を追え!

Vへ突き進め! 指揮官たちが描く最終盤戦術【セ・リーグ編】

 

泣いても笑っても残りあと25試合前後。最高の結果をつかむために、指揮官たちはそれぞれ今、何を思い、これからをどう戦っていくのだろうか。
Vへ突き進め! 指揮官たちが描く最終盤戦術【パ・リーグ編】
※成績など情報は9月26日現在

【1位】東京ヤクルトスワローズ



 監督に就任した2020年から、高津臣吾監督の方針は、一貫して変わらない。「負けたときはみんなで落ち込み、勝ったときはみんなで大喜びできるようなチームにしたい。どうして負けたのか、全員で考えられるチームが理想」。チーム一丸の姿勢を強調し続けてきた。

 その考えはしっかりと浸透し、選手会長の中村悠平は「とにかく助け合いながらっていうのをモットーにやっています。前の打者がダメなら、次の打者が何とかする。とにかくみんなで助け合っていくことを、意識してやれている」と話す。全員が当事者意識を持って、最後まであきらことがあっても僕らは崩れない」という指揮官の言葉どおり、充実しつつある投手陣に加えて、リーグトップの523得点を誇る打線がガッチリかみ合う。打線は中村の言葉どおり、誰かが不調でも誰かがカバーできるような好打者が並んでおり、どんなに劣勢でも逆転の可能性がある。優勝戦線最終盤、最後まであきらめない粘り強さと勢いで、チーム一丸となって戦う。

【2位】阪神タイガース


 1球、1場面ごとに全集中していくだけ、という状況だ。打線が1点でも多く相手より奪い・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング