週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト直前展望

【12球団ドラフト最終予想】広島・即戦力左腕や高校生投手など一本釣り狙いの可否も絡み難解

 

間近に迫ったプロ野球ドラフト会議。各球団の指名方針は固まりつつある。ここからは、チームの補強ポイントを挙げながら今年のドラフト戦略を探っていこう。

本命から外れまで!? 1位指名戦略を球団担当が大胆予想!


本命! 山下輝

法大/投手/左左


「プロで大化けする可能性を秘める左腕。トミー・ジョン手術を経ていることで、人気集中とまでいかないと読めば」

「左腕×一本釣り」から候補を導き出すと……


 一昨年は指名を公表して森下暢仁を、昨年は最後まで潜行して栗林良吏を「一本釣り」と、この2年、鮮やかなドラフト戦略を見せてきた。10月1日のスカウト会議後には、白武佳久スカウト部長が高校生投手で高評価の小園健太(市和歌山高)、森木大智(高知高)、風間球打(明桜高)の中から最初の1位入札をする方向性を示唆したが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング