週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト注目選手CLOSE-UP【高校生編・バッテリー対談】

市和歌山高・小園健太(投手)&松川虎生(捕手) 18.44mの先にある深い絆「目標は、負けないピッチャーです(小園)」「守って、打てる捕手を目指します(松川)」

 

出会ったのは13歳。中学時代に在籍した貝塚ヤングでは全国優勝を遂げ、2人は市和歌山高へ進学した。コンビを組んだ6年を経て、プロの世界へ挑戦する。プレートから本塁まで18.44mで築かれた信頼関係は絶大。過去、現在、将来を語り合った。
取材・文=沢井史 写真=毛受亮介

昨秋はエース・小園[左]と主将で四番・捕手の松川[右]を軸に近畿大会4強進出で、今春のセンバツでは初戦突破を遂げた。春夏連続甲子園出場を逃したあとは、次のステージへ向けて練習を継続している


 高校3年間、汗を流した市和歌山高には多くの思い出が詰まっている。甲子園での「日本一」を目標に、一途に白球を追った152キロ右腕と強肩強打捕手。終始リラックスムードで、取材は進んでいった。

――ドラフトも間近に迫りました。

松川 高校からプロへ行くのは、ずっと変わらない目標です。プロ志望届は8月30日に提出しましたが、ドラフトという実感は、まだないです。

小園 自分は高校からプロ、というのは昨年までは考えられなかった。プロに行くなら、大学で経験を積んで……と考えていました。実は東京六大学でプレーするのが夢でした。大学野球と言えば、やっぱり神宮です。でも昨秋、近畿大会など多くの場数を踏ませていただく中で、プロを目指そう、と。ドラフト当日はどうなるのか、少しドキドキしますね。

松川 健太は間違いなく1位で指名されると思うので、自分はどうなるのか……。指名を待つだけです。

小園 プロに行くためには、体をつくっておかないといけないですし、ブルペンにも時々入って、ボールの質、フォームは常に確認しています。

松川 自分も毎日、バットを振っています。プロ志望届を提出した高校生には好捕手が多いので、負けられない気持ちが強いです。夏の甲子園では同じ近畿勢の京都国際高・中川(中川勇斗)君の活躍は気になりました。自分もしっかりと準備をしています。

小園 全国には好投手もたくさんいますね。智弁和歌山高が夏の甲子園で優勝し、エースの中西(中西聖輝、プロ志望届未提出)君も成長していましたし、自分はまだまだやな、と。

突然訪れた初コンビ


中学時代に在籍した貝塚ヤングでは、3年夏に全国優勝。小園[左]と松川[右]は当時から息の合ったバッテリーだった[写真=家族提供]


――初めて顔を合わせたのは?

小園 中学1年時、自分はすでにチーム(貝塚ヤング)に入っていたのですが、4月に虎生が体験入部に来たときです。そのときの第一印象は、いかついというか、体が大きくて、すごく威圧感がありました。でも、実際に話したら、すごくユーモア。あのころ、虎生の声がすごく高くて、見かけとはギャップがありました。

松川 健太は中学1年のころ、目つきがすごく、怖かったんです(苦笑)。自分とも話してはくれましたけれど、結構、すましてたというか『もうええわ!』みたいな感じで……。いろいろ、話したい思いがあったので、こちらからガンガン行っていました。

──練習での接点はありましたか。

小園 シートノックで、サードに入ることがあったんです。でも、虎生は最初にエラーをする。意図的か、とかと思うくらいボールが手についていなかったので、それは謎でした。

松川 覚えています。でも、わざとではないです。単純に技術不足で、捕球できなかっただけです(苦笑)。

──入団当時、松川選手は捕手ではなく、三塁を守っていたのですね。

松川 その直後から、本格的にキャッチャーに転向しました。健太はあのころから、コントロールが良かったですね。実は、初めてボールを受けたのは、試合だったんです。

小園 僕は1年時、先発ではなく、リリーフで投げる機会が多かったのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング