週刊ベースボールONLINE

どこよりも早い! 2022年ドラフト情報

先取りチェックドラフト候補一挙掲載!将来性の高い注目球児【高校生編】

 

NPBスカウトの活動に休息の二文字はない。10月11日、2021年のドラフト会議が終われば、22年へのスタートを意味する。“対象選手”は将来を決める1年を控え、より自覚を持ってプレーするはず。ここでは高校生のドラフト候補たちを紹介する。
写真=BBM ※(甲)は甲子園出場あり

森下瑠大[(甲)京都国際高/投手]
もりした・りゅうだい●2004年9月19日生まれ。京都府出身。178cm73kg。左投左打


山田陽翔[(甲)近江高/投手&外野手]
やまだ・はると●2004年6月9日生まれ。滋賀県出身。174cm76kg。右投右打


 今夏の甲子園で、2年生ながら4強進出に貢献した2人に注目だ。春、夏連続で躍動した京都国際高の左腕・森下瑠大は心身ともタフで、負けない投球ができる。打者としても甲子園で本塁打を放つなど、非凡なセンス。背番号8を着けた近江高・山田陽翔も投打でチームをけん引し、印象を残した。身体能力が高く、チームを引っ張る姿勢がにじみ出ていた。

森山暁生[(甲)阿南光高/投手]
もりやま・あきお●2005年1月11日生まれ。徳島県出身。182cm82kg。左投左打


 阿南光高の大型左腕・森山暁生は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング