週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト総決算

2021 ドラフト総決算 西日本工大・隅田に4球団が競合 投高打低のドラフト 社会人1位指名はなし

 

ドラフト1位の指名だけは12球団同時入札だ。競合すれば抽選で交渉権獲得を目指す。今年は事前の1位公表が少なく、緊張感が漂う中での開催となった。77人の指名となった今年のドラフトを振り返る。

隅田を1位指名した4球団[左から西武広島巨人ヤクルト]。西武の飯田光男常務が笑顔で右手を高々と挙げた


視察回数が少なく他球団の様子見も


 今年のドラフト会議は10月11日の開催と異例の早さだった。高校生と大学・社会人など分離開催したドラフト会議から、現在の方式に戻った2008年以降では最速。アマ側からの早期実施の要望に応えたものではあるが、セ・パ両リーグともに優勝争いの真っただ中で行われ、例年以上に慌ただしさが感じられたのは否めなかった。

 昨年との大きな違いは1位公表が少なかったことだ。昨年はオリックス佐藤輝明(近大→阪神)を12球団最速で公表したのを皮切りに、当日までに7球団が次々に1位指名を公表した。しかし今年はわずかに2球団のみ。西武が西日本工大の150キロ左腕・隅田知一郎を最速で公表、次いでソフトバンクが高校生最速157キロを記録した明桜高の風間球打と続くにとどまった。

 事前の公表は先手を打つドラフト戦略として有効であり、対象選手への獲得熱意を示す意味合いが強い。公表されてうれしくない選手はいないだろう。もちろん公表するもしないも自由だが、今年、事前の公表が2球団に終わったのには2つの理由が考えられる。

 まずは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング