週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位クローズアップ

【ソフトバンク1位】風間球打(明桜高/投手) 世代最速投手は相思相愛の福岡へ

 

胸が高鳴ったソフトバンクの1位公表。真っすぐの威力は一級品だ


18歳の誕生日に叶った相思相愛の夢


 事前に1巡目指名を公表していたソフトバンクから名前を呼ばれた明桜高の最速157キロ右腕・風間球打。ドラフト会議の2日前にあった王貞治球団会長の発表を聞き、胸が躍った。選手のレベルや施設面の環境から「正直、行ってみたい球団だったので、ホッとしたというか、安心しました」と胸中を明かす。「本当に自分を選んでくれるのか、ちょっと不安でもありました」と緊張は続いたと言うが、公言どおり、それも単独の1位指名。18歳の誕生日に相思相愛で夢が叶い、「選んでもらえて、すごくうれしかったです」と最高の“プレゼント”に声を弾ませた。

 球道さん、球星さん、球志良さんと名前の頭に「球」が付く四兄弟の三男。命名の由来は詳しく聞いたことがないが、「野球をやるために生まれてきたのかなという感じはありますね」と、兄弟で白球を追ってきた。サッカーに夢中だった時期もあるが、中学2年から野球への興味を強め、プロを志すようになった。

 山梨県の出身。3年間、指導を受けた輿石重弘監督と同郷という縁から秋田・明桜高へ。最速135キロで入学した。このとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング