週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位クローズアップ

【広島1位】黒原拓未(関学大/投手) 関西NO.1左腕の名にかけて

 

最後のドライチとなったが、即戦力左腕として期待が高まる


 4年後にプロに行く。そう決意していた速球派左腕は、その年のアマチュアトップ選手である証し、ドラフト1位の栄光をつかみ取った。

 高校入学時は110キロ台だった球速を卒業時には140キロ台中盤まで伸ばし注目される存在に。大学では1年春からリーグ戦のマウンドに立った。しかしそこそこ球威があるだけでは勝ち切れない日々が続いた。原因は自分でも分かっていた。「変化球を課題にしていました。精度もそうですし、球種も多くなかったんで大学で取り組んできました」。カットボール、ツーシームを覚えたことでカウントを整えられるようになり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング