週刊ベースボールONLINE

Vへ羽ばたけ! スワローズ

6年ぶり8度目の栄冠を! SWALLOWS HEROES & HIGHLIGHT GAMES【1】

 

ヤクルトがVロードをひた走る理由の一つに、ベテランと若手の力の融合がある。個性的な面々が団結してチーム一丸となっているから、日替わりヒーローが生まれる。後半戦の名シーンとともに、彼らの活躍を振り返ろう。
※成績は10月17日時点

山田哲人 キャプテンの意地


2021年:131試合130安打34本塁打100打点4盗塁、打率.274


 言葉で引っ張るタイプではない。それを自覚しているからこそ、キャプテンに就任した今季は、バットでチームを引っ張るという自覚に満ちている。四番・村上に次ぐ、チーム2位の34本塁打、100打点。数字が、その覚悟と貢献度を示している。いつもひょうひょうとしてマイペースを崩さない山田だが、泥臭さも併せ持つ。10月7日の巨人戦(神宮)のサヨナラ適時内野安打は、ボテボテの当たりも懸命な全力疾走が呼んだもの。「打った瞬間は終わったと思った」と話したが、誰よりもチームの勝利を信じて全力を尽くした。そんな主将の背中に、全員がついて行く。

HIGHLIGHT!
10月7日 巨人戦@神宮
 9回一死まで無安打に抑え込まれていたが、塩見の安打をきっかけにチャンスをつくり、山田が適時内野安打でサヨナラ勝利を決めた

村上宗隆 四番の凄み


 史上最年少で通算100本塁打、シーズン100打点を達成。若き四番の凄みは、日に日に増している。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング