週刊ベースボールONLINE

Vへ羽ばたけ! スワローズ

6年ぶり8度目の栄冠を! SWALLOWS HEROES & HIGHLIGHT GAMES【2】

 

ヤクルトがVロードをひた走る理由の一つに、ベテランと若手の力の融合がある。個性的な面々が団結してチーム一丸となっているから、日替わりヒーローが生まれる。後半戦の名シーンとともに、彼らの活躍を振り返ろう。
※成績は10月17日時点

青木宣親 永久名誉キャプテン


2021年:115試合112安打9本塁打56打点0盗塁、打率.264


 常にチームのことを考え、鼓舞してきた。村上らが率先してベンチで声を出すのも、“永久名誉キャプテン”である青木の影響が大きい。4月には新型コロナの影響で2週間の自宅待機を余儀なくされるなど、調整面で難しさがあったが、後半戦からはさすがの修正力を見せた。永遠のリーダーは、あらゆる面でチームを支えている。

HIGHLIGHT!
9月28日 DeNA戦@神宮
 5回、好投する奥川がバットでもバスター(安打)で満塁のチャンスをつくり、青木が満塁弾で応えた。「何としてでも援護したかった」と青木

川端慎吾 代打の神様へ


2021年:86試合31安打1本塁打17打点0盗塁、打率.378


 腰の故障に苦しみ、代打として1打席にすべてを懸けることになっても、“天才打者”の名を欲しいままにした男の打撃センスは健在だ。どんなに劣勢でも、「川端がなんとかしてくれる」と、ファンにもチームメートにもそう思わせるだけの打撃を見せ続けてきた。代打の切り札は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング