週刊ベースボールONLINE

2021熱パ決着! オリックスが悲願成る

オリックス・宗佑磨 果たした2つの約束/Vの原動力

 

くすぶり続けた昨季までの6年間。高い身体能力を誇るも、飛躍できずにいた25歳は今季、内野再転向で花開く。二番・三塁に定着して指揮官の期待に応え、目指した戦友に捧ぐ優勝の二文字──。胸に秘めた2つの約束が、熱い男を強くさせチームに勇気を与えていった。
文=米虫紀子(スポーツライター)


僕は器用じゃない


 大混戦のパ・リーグを制したが、シーズン序盤は得点力不足に泣き、下位に沈んでいた。快進撃が始まったのは、5月に二軍から昇格した福田周平が一番を任され、宗佑磨が二番に定着してからだ。

 以前の宗の打撃は淡白に映ることもあったが、今年は1球への集中力や粘り強さが違っていた。

「二番ということもありますし、前に周平さん、後ろに正尚(吉田正尚)さんがいることも大きい。正尚さんの前なので何とか塁に出ようとして、少しずつ粘りが出ているんじゃないか」と語っていた。

 今年は打てない試合も三塁の守備で貢献した。軽やかな身のこなしとハンドリングで難しい打球も難なくさばき、強肩で三塁ベース後方からでも悠々とアウトにする。SNSでは「メジャー級」と話題になった。

 もとは内野手として入団し、主に遊撃を務めたが、外野にコンバートされていた。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング