週刊ベースボールONLINE

“チームスワローズ”全員でつかんだ頂点

ヤクルト・青木宣親(外野手) 10年前の無念を晴らして「ヤクルトで優勝できたことを、本当にうれしく思います」

 

ここでは、6年ぶり8度目優勝の立役者たちをクローズアップ。まずはヤクルトの終身名誉キャプテンであり、ミスタースワローズの系譜を継ぐ男の熱き姿を振り返ろう。

4月には新型コロナ禍で2週間の隔離生活を送った。調整は難しかったが、二番打者として打線を支えた


すべてはチームのために


 シーズン序盤から首位を快走していた2011年。しかし、9月中旬に中日に捲(まく)られ、優勝をさらわれた。青木宣親は04年にヤクルトに入団して以来、3度の首位打者などに輝きながら、リーグ優勝だけは未経験。惜しくも優勝を逃した翌年、自身はさらなる成長を求めてメジャー・リーグに挑戦する。ただ、ヤクルトで優勝できなかったことが、心の奥に引っ掛かっていたという。18年に日本球界へ復帰した際は、迷いなく古巣に帰ることを選んだ。「日本でやり残したことは、ヤクルトで優勝すること」と、自身は経験していなかった、ヤクルトでのVを誓った。

 日本球界復帰と同時に、青木は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング