週刊ベースボールONLINE

“チームスワローズ”全員でつかんだ頂点

ヤクルト・村上宗隆(内野手) チームを背負った、不動の四番「チーム全員で勝ちたいと思う気持ちは一致していました」

 

ここでは、6年ぶり8度目優勝を果たしたヤクルトの立役者たちをクローズアップする。

優勝を決めた10月26日のDeNA戦[横浜]は、村上が三邪飛をつかんでゲームセット


すべては「チームのため」


 昨季の開幕戦から、一度も四番の座を譲ったことはない。村上は「他球団の四番に負けないように頑張りたい気持ちがある」と話していた。個人成績で負けたくないという意味ではない。「チームとして負けないぞという感じ」。自らのバットでチームを勝利に導くことを、四番打者の責任だと考えている。

 就任以来、全試合で村上に四番を任せている高津臣吾監督は言う。「打つのも四番、重圧が掛かるのも四番。打てなかったら点が入らないのも四番。それは背負っていかないといけない」。とてつもないプレッシャーがあったはずだが、今季、村上は自己最多を更新する39本塁打、112打点。何度も殊勲打を放ち、何度もお立ち台に上がってきた。

 だが「今年に関しては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング