週刊ベースボールONLINE

“チームスワローズ”全員でつかんだ頂点

Vの立役者たち! 健闘を見せたヤクルト投手陣

 

強力打線がクローズアップされがちだが、投手陣の底上げもVへの大きな力になった。先発、中継ぎともに次々と新戦力が台頭しチーム防御率は昨季の4.61から、3.45まで改善した。
※成績は優勝決定時点

投手陣だけで優勝記念撮影。最年長の石川雅規を中心に、笑顔がはじけた



緻密な投手起用計画


 優勝の要因は、投打で戦力を底上げできたからにほかならない。2年連続最下位だった2019、20年は、チーム防御率、打率ともにリーグワーストで、最下位に沈んだのも当然と言える。だが、今季はどちらも同3位の成績。大幅に数字を改善して、リーグ優勝を果たした。

 特に、投手陣の底上げは長年の課題だった。ここまで良化した理由は、やはり高津臣吾監督の徹底したマネジメント力にあるだろう。

 開幕当初は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング