週刊ベースボールONLINE

日本野球を変える?新庄ファイターズ誕生!

日本ハム・新庄剛志監督就任会見 「日本ハムも変えていきますし、僕がプロ野球を変えていきたい」

 

札幌市内ホテルで行われた就任会見に集まった報道陣を前に約50分間、しゃべり倒した。新庄ワールド全開の当日の様子を、一部抜粋してお届けする。


【冒頭あいさつ】


新庄 今日は集まってもらい、ありがとうございます。1946年、今から75年前。1代目の横沢監督(横沢三郎、セネタース時代)から始まり、そこから21人目の栗山(栗山英樹)監督、その次22代目の監督として選ばれたことが非常にうれしく、また、選手兼監督という形で契約を結んでもらって……。

川村球団社長 いえいえ、監督だけです。

新庄 あっ! 監督だけ? すいません。監督だけでした(笑)。今日は監督らしくビシッと監督っぽい格好で来ました! これからは顔を変えずに、チームを変えたいと思っています。以上です!

【質疑応答】


■10月12日にオファー受諾

──まずは、北海道にお帰りなさい。

新庄 ただいま。帰ってきました!

──今の率直な心境は。

新庄 正直自分が一番びっくりしています。僕でいいのかなという思いの半面、僕しかいないなと。日本ハムも変えていきますし、僕がプロ野球を変えていきたいなという気持ちで、帰ってきました。

──監督のオファーはいつごろ? どう感じたか。

新庄 2年前、僕が48歳でトライアウトを受けるという発言をして、1年間海外でトレーニングをしました。トライアウト前に日本ハムの球団の方から「新庄さん、お元気ですか? トライアウト頑張ってください。いつかまた会える日を楽しみにしています」と1通のメールが来ました。「よしよし、これで選手に戻れる」と思い、トライアウトを受けました。しかし、オファーはなかった。あら!? おかしいじゃないかと(笑)。

 選手では復帰はできなかったんですけど、必ず何かあると、勝手に信じてやってきた。1年間、12球団二軍の選手のプレーを勉強して。そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング