週刊ベースボールONLINE

立浪ドラゴンズ 強竜復活へ始動

【伝説の検証】竜の革命児たちの1年目 星野仙一、落合博満、名将たちの新監督時代

 

監督就任直後、ロッテから落合[右]を獲得した星野監督[左]


いきなりの落合獲得


 1986年秋、男盛りの39歳。NHKのスポーツキャスターとして全国区の人気者となっていた星野仙一に、中日から監督にと声が掛かった。

「名古屋の人に呼ばれたら、これは召集令状と同じだからね」

 星野は当時の心境を振り返った。69年、明大からドラフト1位で中日に入団し、先発、リリーフとフル回転。対巨人、特に王貞治長嶋茂雄のON相手に熱く燃えた。82年限りで現役を引退したが、84年の2位を除けば、すべて5位と低迷が続く古巣へのイライラはあったという。

「4年間、ネット裏から見ていると、どうもそれまでの中日ドラゴンズと違う。サラリーマンの野球になってしまっている。勝とうという意欲が薄れ、執着心がなくなってしまっているように見えてならなかった」

 就任会見で選手へのメッセージを求められ、「覚悟しとけよ!」と言った新監督は、すぐさま激しく動いた。ドラフト会議で5球団が1位で競合した享栄高の近藤真一の交渉権を自ら引き当て、ベテランの谷沢健一に「監督・谷沢は選手・谷沢を使えるか」と言って引導を渡す。衝撃的だったのは、ロッテで2年連続三冠王に輝いた落合博満の獲得だ。交換要員は牛島和彦上川誠二ら生え抜きの若手成長株。ファンから賛否両論の声が上がった。さらにユニフォームもドジャース風のモデルに変えた。

 シーズンが始まると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング