週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ全戦 完全詳報&徹底解説

【2021日本シリーズ 第1戦】8回から張られていたサヨナラ劇の伏線(解説=井端弘和)

 

激戦となった日本シリーズ全6戦を、東京2020オリンピックで日本代表コーチを務めた井端弘和氏が徹底解説。現役時代は5度のシリーズ経験(日本一1度)を持つ“名手”が、勝敗を分けたポイントに迫る。
解説=井端弘和(東京2020オリンピック日本代表コーチ)

2点ビハインドの9回裏、まず同点に追いついたオリックスは、なおも無死一、二塁の好機で吉田正尚が中越えにサヨナラの適時二塁打を放つ


11/20(土) 第1戦@京セラドーム
18:00開始 3時間46分 1万9297人
オリックス4x-3ヤクルト

[ヤ]P奥川、H清水、●マクガフ-C中村
[オ]P山本、吉田凌ヒギンス、〇比嘉-C若月、伏見
[本]モヤ(オ/7回裏ソロ)、村上(ヤ/8回表2ラン)


攻撃→守り→攻撃


 非常に重たい展開でした。「1点でも許したら負けてしまう」という緊張感を漂わせながら、両先発投手がマウンドに立っていました。どちらもレギュラーシーズン中は伸び伸び投げていくタイプですから、珍しい入りだったと思います。しかも、山本由伸は6回までに112球を要してしまう。春先など、ごく希にそういう展開の試合があるものの、今季18勝で防御率1.39の絶対エースが窮屈でポンポンいけなかったところに日本シリーズの難しさが表われています。逆を言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング