週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ全戦 完全詳報&徹底解説

【2021日本シリーズ 第6戦】山本由伸に許さなかったリードと、象徴的な野球(解説=井端弘和)

 

激戦となった日本シリーズ全6戦を、東京2020オリンピックで日本代表コーチを務めた井端弘和氏が徹底解説。現役時代は5度のシリーズ経験(日本一1度)を持つ“名手”が、勝敗を分けたポイントに迫る。
解説=井端弘和(東京2020オリンピック日本代表コーチ)

引き分けもちらつく延長12回表、ヤクルトは二死二塁から代打・川端慎吾の左前打で、二走の塩見泰隆がホームへ。日本一を決める1点をもぎ取った


11/27(土) 第6戦@ほっと神戸
18:00開始 5時間0分 1万5239人
オリックス1-2ヤクルト

[ヤ]P高梨、スアレス、清水、田口、○マクガフ-C中村
[オ]P山本、平野佳、能見、比嘉、富山、●吉田凌-C若月、伏見


2021年のヤクルト


 第5戦に敗れて3勝1敗から3勝2敗となり、形勢は逆転したと私は感じていました。しかも、第6戦のオリックスの先発は第1戦以来、2度目の登板(中6日)となった山本由伸です。ヤクルトはプレッシャーを感じながらの戦いだったと思います。第1戦ではよく食らいついたとはいえ、6回を1点に抑えられた相手。一般的に考えても、大量得点は期待できません。そのような中、ヤクルトはシリーズ6人目の先発として高梨裕稔を立てました。どうなるかな? と思って見ていましたが、この日の勝利は高梨の頑張りによるところが大きいでしょう。

 最大のポイントは、高梨が毎回走者を許しながらも、要所を締め、逆に5回に先制点をもぎ取ったことにあります。3回に無死二塁から送りバントで宮本丈がストライクを空振り。二塁走者のオスナが飛び出して刺され、無得点に終わった際には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング