週刊ベースボールONLINE

人事往来最前線 2021→2022

藤田一也 必死に探すラストチャンス

 

トレード入団ながら、東北のファンに愛された男だ。確かな守備力と巧打で東北に初の歓喜をもたらした。今年で39歳。ここ数年は若手に定位置を譲る形となっているが、野球と向き合う姿に変わりはない。新天地でもうひと花咲かせてみせる。
(※12月9日にDeNAが獲得を発表。)
写真=井沢雄一郎

まだまだプレーできる。名手と呼ばれた内野手は現役続行の道を模索している


球団ポストを固辞


 楽天が球団史上初となるパ・リーグ優勝と日本一を成し遂げた2013年。田中将大嶋基宏のバッテリーはもちろん、主力の誰が欠けても栄光はつかめなかっただろう。そして堂々とV戦士と呼べる1人が、藤田一也である。

 12年6月にトレードで加入した守備の名手は、13年は主に二塁で128試合に出場し打率.275。自己最多の48打点と勝負強さも発揮した。もちろん、自慢の守備では何度も何度もチームを救った。グラブさばきは球界でも随一で、芸術的と言えるレベル。故・星野仙一監督が直接「お前がいたから優勝できた」と声を掛けたほどだ。

 この年・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング