週刊ベースボールONLINE

2022年シーズン大展望

12球団最速戦力分析・楽天 石井GM兼任監督2年目 新助っ人が機能するか

 

年の瀬を迎えたところで少々気が早いようだが、本誌恒例の12球団“最速”戦力分析をお届けする。ミスター・ドラゴンズの指揮官就任、日本ハムにBIGBOSS誕生などなど……話題には事欠かない野球界だが、その勢力図に変動はあるのか。各球団の戦力を読み解いていこう。
※情報はすべて12月12日現在。総合力は2022年の評価(A〜E)。選手の年齢は2022年の満年齢。

打線では主砲・浅村[中央]の働きがカギ。新助っ人と中軸を形成することになる


 先発投手陣はキャリア十分の右腕4人が引き続きけん引することになりそうだが、年齢層が高く、シーズンを通じてフル回転できる保証はない。21年シーズンは10勝の瀧中瞭太、9勝の早川隆久と若手の台頭があったが、続く存在が待たれるところ。先発ローテ入りに意欲を見せる西口直人、大型左腕の弓削隼人らが残り少ない枠を争うことになる。ケガが尾を引き出番が少なかった塩見貴洋辛島航というキャリアのある両左腕も巻き返しを図る。

 そして、石井一久GM兼任監督が目指す「1点を守り勝つ」野球において欠かせないのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング