週刊ベースボールONLINE

2021プロ野球記録集計号

【検証9】170キロ&世界最速も夢じゃない T.ビエイラが日本最速&NPB外国人記録の32試合連続無失点!?

 

いつの時代も野球少年たちは、一番遠くに飛ばし、一番速いボールを投げることにあこがれを抱くもの。2021年、後者に君臨したのが巨人のT.ビエイラだ。誰よりも速いボールを投げ、誰よりも長い期間、点を許さなかった男の軌跡

T.ビエイラ「俺がNo.1や!」


■T.ビエイラの球種別2021年シーズン平均球速

記録更新を本人も予言日本球界は高速化進む


 東京ドームがどよめいた。8月13日に行われた中日対巨人(後半戦再開初戦)の9回一死、2点リードの状況でマウンドに立っていた巨人のクローザーで加入2年目のT.ビエイラが、打席に代打のA.マルティネスを迎えた場面だ。フルカウントからの7球目。渾身のストレートはファウルとされたが、オーロラビジョンには2016年の大谷翔平(当時日本ハム)、21年のコルニエル(広島)が計測した165キロを1キロ上回る166キロが表示される。

 日本球界最速記録を塗り替える1球に、SNSでは“ビエイラ”がトレンド入り。その直後、A.マルティネスを134キロのスライダーで三振に斬って取り、この回を抑えてセーブをマークした本人も「粘られていたし、勝負のカウントだったので力を入れたのは事実。まさかそこまで速いとは思わなかったし、最高にうれしいよ」と喜んだ。

 記録更新への期待は、20年の入団時からささやかれていた。MLBで23試合の登板があったブラジル出身4人目の未知なるメジャー・リーガーは、キャリア最速が167キロであることが最大の売り文句。マリナーズ時代の16年、その傘下のチームで記録したものと思われるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング