週刊ベースボールONLINE

PACIFIC LEAGUE 2021 REVIEW

【パ・リーグ】投打の柱が機能して連敗回避のオリックス。故障者続出の鷹に上がり目はなし(総論=里崎智也氏[野球解説者])

 

オリックスは絶対的エースである山本[右]の存在が大きく、安定した戦いを見せた


 優勝したオリックスに関して、私が昨年から何度も言っていたのは「いるっちゃいるけど、いないっちゃいない」。解説者が「いい選手がいるんだけど」と言いますが、実は山本由伸吉田正尚を指しているだけ。でも、今年は「いるっちゃいるね!」と言い切れるようになりました。

 山本は5月19日にロッテに負けたあと、15連勝。18勝5敗、貯金13、投げたら負けない……この存在は大きかったです。その陰で高卒2年目左腕の宮城大弥が13勝4敗ときっちり勝ち、オリックスだけ同一カード3連敗がなし。大型連敗をしないから借金も増えない。その意味で2人の存在が効きました。

 打線では吉田正が大黒柱であることを前提として・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング