週刊ベースボールONLINE

2021年プロ野球ペナントレース総括

公式戦出場全選手レコード付き 巨人・2021年ペナントレース総括 序盤から離脱者が続出 投打ともに精彩を欠き9&10月の急失速でV逸する

 

一番に定着し、育成出身選手としては過去最多の12本塁打を放った松原


投手力 PITCHING REVIEW


 兎にも角にもエース・菅野智之のコンディション不良が痛かった。2020年は1人で12の貯金をつくった右腕だが、オフのMLB移籍を断念して残留した21年は、足や右ヒジの違和感などで離脱を繰り返し、6勝(7敗)に終わった。飛躍を期待された高卒3年目の戸郷翔征は前半戦だけで8勝も、後半戦は1勝止まりで2ケタに届かず。同じく3年目(大卒)左腕の高橋優貴はキャリア初の2ケタ11勝でチームの勝ち頭も、前半戦だけで9勝を挙げていることを考えれば、後半戦の失速が痛かった。

 ほかに先発では手術明けで出遅れのC.C.メルセデスが7勝、途中復帰の山口俊は2勝、A.サンチェスも5勝と伸びず。連覇の原動力でもあった先発投手陣が44勝51敗で負け越しと、チームの足を引っ張った。

 リリーフ陣は50試合以上登板が5人、40試合以上が2人(計7人)と奮闘した。チーム全体で完投はわずかに4。QSも64と半分に満たず、継投も早いことから、前半戦から登板は増えていた。さらに、9月に入って先発陣は中4〜5日を採用し、負担は増大。その中でもT.ビエイラが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング