週刊ベースボールONLINE

2022こそ寅!トラ!虎! 将に、夢を光り輝かせろ!

目指せ17年ぶりのV 阪神OBがズバリ!提言 中西清起(野球解説者)「クローザーと四番が決まれば寅年での阪神優勝は十分ある!」

 

5厘差で2位に甘んじた2021年よりもさらにパワーアップしないと、17年ぶりの歓喜は訪れない。リーグ優勝するには何が必要になってくるのか。野球解説者で長く阪神の投手コーチも務めた中西清起氏に提言してもらった。
写真=BBM

クローザーとしての期待が高いウィルカーソン。果たして日本の野球になじみ、その実力を発揮できるだろうか。この右腕に2022年虎の命運が掛かっている


 今季、優勝をするための大きなポイントは2つあります。阪神OBで先輩の岡田(岡田彰布)さんが週べコラムで4位予想をしていましたが、私も次の2点が解消できなければ4位の可能性は十分にあると思っています。

【ポイント1】大事な9回に新外国人を使えるか!?


 この2年間は、めちゃくちゃ安定感のあるクローザーのロベルト・スアレスがいました。2年連続セーブ王で、昨年は防御率1点台。彼と同じような投手を求めるのは酷です。でも、ここが整わないとチームの根源が揺らぐのです。

 セットアッパーの岩崎(岩崎優)をクローザーにという考えがあるかもしれません。それはやってはいけないことですし、彼はあくまでもセットアッパーなので、固定すべきでしょう。晋太郎(藤浪晋太郎)ですか? 怖いですね。球威は申し分ないのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング