週刊ベースボールONLINE

12球団新加入選手写真名鑑

広島・2022新加入選手 写真名鑑

 

特に外国人選手についてはまだまだ未確定要素も多いが、現時点で12球団に加わる新人、移籍選手、新外国人全175選手を紹介する。今回はデータ、写真、情報とも1月7日現在で準備できたものだ。(恒例の全選手名鑑は2月10日発売予定)
写真=BBM、球団提供、Getty=Images
名前横◯は支配下、※は育成、△は移籍、□はNPB復帰。選手の並びは新人、移籍&外国人で、その中で投手、捕手、内野手、外野手に分け、背番号順。名前右端は適性ポジション(編集部判断。左に行くほど適性が高い)


[1]生年月日=年齢(2022年の満年齢)[2]投打[3]身長・体重[4]出身地[5]球歴(新人選手の小・中学校のカッコ内は所属クラブチーム)・入団経路。[甲]は甲子園出場経験あり(2020年甲子園交流試合を含む)。経歴内の数字は入団年度または移籍・復帰年度。途はシーズン途中移籍。()内数字はドラフト指名順位(02年以降の入団選手は巡目、06〜08年は高校生ドラフト巡目、10年以降は順位)、□内数字は06〜08年の大学生・社会人ドラフト巡目、自は自由獲得枠、希は希望入団枠、外はドラフト外での入団。育は育成選手として登録。外国人選手の経歴は入団年及びメジャー出場チーム。=プロ(NPB)在籍年数[6]推定年俸(単位は万円)、昨年比(△は増、±は同額、▼は減)[7]初出場、初登板年月日、相手=球場[8]移籍、復帰選手は主なタイトルと受賞年度。ノンタイトルの場合は思い出のシーンなど[9]血液型

○24 黒原拓未(投手/中継ぎ・先発)

くろはら・たくみ[1]1999.11.29生=23歳[2]左左[3]173cm77kg[4]和歌山[5]日方小(日方スポーツ少年団)-海南中-[甲]智弁和歌山高-関学大-広島22(1)=1年[6]1500[9]A


 ドライチ即戦力として高い評価を受けるも、おごりはない。自らを「黙々と練習し、自分に厳しく向き合っていける」と分析する左腕は、背番号「24」の偉大な先輩である大野豊を理想としてタフな心身を受け継ぐ。求めるのは、何があってもチームの勝利に貢献できる安定感だ。

○? アンダーソン(投手/先発)

DREW ANDERSON/ドリュー・アンダーソン[1]1994.3.22生=28歳[2]右右[3]190cm93kg[4]米国ネバダ州[5]ガレナ高-フィリーズ12(21)-ホワイトソックス20-レンジャーズ21-広島22=1年[6]7700


 長身から最速155キロの直球を軸に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング