週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ【大学生編】

蛭間拓哉(早大・外野手)×中川卓也(早大・内野手) WASEDAチームリーダー対談

 

高校3年時は侍ジャパンU-18代表でプレー。当時の主将と副将は、早大でも同役職でチームをけん引する立場となった。背中と言動で存在感を発揮する2人が本音を語り合う。
取材・構成=佐伯要 写真=斎藤豊

2人は3年夏[2018年]の甲子園準々決勝で対戦し、高校日本代表でも同じ釜の飯を食べ、信頼関係は抜群。ワセダへの思いは、誰よりも強いものがある


 昨年11月13日。早大の内野手・中川卓也が主将に、外野手の蛭間拓哉が副将に就任。新チームがスタートした。中川は今年から東京六大学のキャプテンナンバーの「10」を託され、蛭間は昨春から「1」を背負っている。

中川 第112代主将として、自分の色も出していくことも大切ですけど、ワセダとしてのあるべき姿を求めていきたい。グラウンドでの姿だけではないのがワセダの「10」。重いものを背負わせてもらいました。

蛭間 全力で中川をサポートするのが副将である自分の仕事。歴代で「1」を背負った先輩は、結果を残している。その背番号を汚さないよう、見合った成績を残したい思いが強い。

中川 最初にチームに伝えたのは、練習でも私生活でも「微差は大差」を念頭に置くこと。少しの差で、負け試合が勝ち試合になることもある。浸透すれば、結果につながると思う。

蛭間 中川は厳しいことを率先して言ってくれている。自分は副将として、まだ何もできていないな。

中川 そんなことはない(笑)。自分は厳しいことを言いっ放し。蛭間がフォローしてくれて、感謝している。

今も胸に刻まれる高校恩師からの言葉


 名前が同じ「タクヤ」であるため、「中川」「蛭間」と姓で呼び合う。高校時代には2人とも主将を務め、3年夏の甲子園では準々決勝で対戦(大阪桐蔭高が11対2で勝利)。侍ジャパンU-18代表に選ばれ、中川が主将、蛭間が副将を任された。

中川 浦学戦当日の朝、「今日で高校野球が終わるかもしれないな」と思った。大差で勝ったけど、一歩間違えれば、逆の結果もあり得た。

蛭間 大阪桐蔭は夏の(北)大阪大会準決勝の履正社高戦で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング