週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ【高校生編】

浅野翔吾(高松商高/外野手) 唯一無二のスイッチヒッター「投手が優先される中で、野手が1位で選ばれるのは価値がある」

 

春2度、夏2度の全国優勝を誇る1909年創部の伝統校・高松商高は昨夏の甲子園で大正、昭和、平成、令和と、四元号での勝利を達成した。智弁和歌山高との3回戦では、2年生スラッガーが豪快なアーチ。右の大砲は一冬を越え、新たなステージへ踏み入れる。
取材・文=岡本朋祐 写真=山田次郎

右打席では、すでに昨夏の甲子園でも本塁打を放つなど、2試合で7打数4安打2打点と実力を披露。秋の公式戦以降は左打席の練習を本格的に開始し、パワーを見せつけている


5打席連続敬遠も覚悟


 昨夏の甲子園。高松商高は21年ぶりの全国制覇を遂げる智弁和歌山高との3回戦で敗退も、2年生・浅野翔吾は左越えの豪快なソロ本塁打を放った。

「2022年のドラフト候補」の評価を決定的とし、新主将の秋も注目された。しかし、県大会準々決勝で敗退。大打者の宿命とも言えるが、浅野はまともに勝負してもらえなかった。高松商高・長尾健司監督は内情をこう明かす。

「打球が上がれば、スタンドイン。転がれば正面以外、内野手は一歩も動けないまま打球が抜ける。内角のさばきが苦手であると、詰まらせようとすれば、バットの根っこに当たった打球は、内野手と外野手の間に落ちる。つまり、相手バッテリーは投げる球がなく、最もリスクのない一塁へと歩かせるわけです。かつて星稜高・松井選手(松井秀喜、元ヤンキースほか)は故意四球を我慢し、バットを静かに置いた。翔吾も打席でストレスはあると思いますが、そこで態度に出せば、それまでの選手。野村克也監督の言葉ですが『人間的成長なくして、技術的進歩なし』。5打席連続敬遠も、覚悟しています」

 身長170cmを感じさせない、頑強さがある。体重87kg。どっしりしているが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング