週刊ベースボールONLINE

背番号ストーリー2022 ─数字に宿る魂─

DeNA・受け継がれるハマの「18」伝説 エース番号の重みと誇り

 

背番号の数だけストーリーが存在し、選手やファンの番号への思いもまたさまざまである。横浜で愛されているのが「18」だ。三浦大輔監督がエース番号に育て上げた背番号は、今季よりドラフト1位右腕・小園健太へと託された。
文=滝川和臣 写真=BBM

「#18」三浦大輔[監督]→小園健太[投手/ドラフト1位]

三浦監督は現役時代の19年間に、コーチ時代の2年を加えて21年にわたって18を着けた


 ベイスターズに永久欠番は存在しないが、準永久欠番扱いの背番号はある。1つは、2020年に海を渡った筒香嘉智(現パイレーツ)が着けた25。松原誠村田修一ら歴代スラッガーの背中で輝いた番号ではあるが、球団はキャプテン・四番としてチームをけん引した筒香の貢献度を高く評価し、三原一晃球団代表が「彼が日本に帰ってくるまで空けておく。現役の間は、ほかの選手が着けることはない」と明言している。

 そして、もう1つが現監督である三浦大輔が現役19年間、コーチ2年間で背負った18である。入団から横浜一筋の男は1998年の38年ぶり優勝&日本一を経験。その後のチームの長い低迷期も投げ抜いてきた。そんな三浦はいつしか“ハマの番長”と呼ばれ、背番号18は、エース番号として広くファンに愛されるようになった。16年の現役引退に際して、球団は18を「横浜ナンバー」とし、エースの座を受け継ぐにふさわしい存在の登場まで封印された。

実力で勝ち取り育て上げた背番号


 奈良県出身の三浦は、父親が大阪市内の商店街で阪神岡田彰布の後援会メンバーを務めていたこともあり、周りは阪神一色。当然、自身もタイガースファンであり、記憶に残る背番号は岡田の16、真弓明信の7、掛布雅之の31だった。

「幼少のころは阪神が身近でした。でも野球を始めてからは、やっぱり1番、エース番号にあこがれていたし、そこにこだわってやっていました」

 野球エリートではなかったが、高田商高ではエースとして3年夏に奈良大会決勝に進出。惜しくも天理高に敗れて甲子園には届かなかったもののドラフト6位で指名を受けて1992年、大洋(現DeNA)に入団する。

「プロに来てからは、何番を着けたいというよりも、まずプロになれたことが大きかった」と新人のころは毎日が必死だった。背番号は46が与えられた。

「この番号とともにプロ生活がスタートするんだという気持ちですよね。背負っているうちに徐々に愛着が生まれてきた。初勝利も46で挙げたわけですから」

 プロ2年目、横浜ベイスターズへと生まれ変わった球団でプロ初勝利。4年目の95年には8勝をマークして、先発投手としての地位を築いていく。同時に芽生えていったのが若い背番号への憧憬だ。今でこそ、若い投手は結果を出せばすぐに若い番号へ変更してもらえるが、当時の横浜はそう簡単ではなかった。結果的に46は6シーズン、三浦の背中にあった。

「6年が長いとか、短いは感じなかったけれど、入団して4、5年が経ったころ、18がいいなって。野球界ではエース番号だし、ジャイアンツの桑田(桑田真澄)さんの後ろ姿がカッコよかった」

 90年代前半、横浜の18は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング